だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本3-0香港

2010.02.11

category : 日本代表

これで今大会の優勝はなくなった。

サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台
(2009/03)
平田 竹男

商品詳細を見る
Yahooのトップページには「日本、玉田の2得点などで快勝」とあるがとんでもない。「香港相手に3点しか取れなかった」が真実。2試合を終わって日本は勝ち点4で中国と並んでいるが、中国の3試合目の相手は香港で、ほぼ勝利は確実。一方日本は韓国との対戦で勝つのには非常に苦労するだろう。仮に勝ったとしても、中国と勝ち点7で並び、得失点差の争いになるのだが、2戦終わってこれも並んでいる。単純に考えて、中国が香港から挙げる得点と、日本が韓国から挙げる得点のどちらが多いかと予想すると、まず優勝は無くなったと考えるのが妥当である。

相変わらず大久保と内田はスタメンで、見ていて腹立たしくなるプレーを続けていた。平山も相変わらず途中出場だが今日は後半の頭から出場した。シュートをはずしまくったとマスコミは書くだろうが、明らかに平山が登場した後半の方がゴールチャンスが増えた。次の韓国戦はぜひ先発で使って欲しい。

ここからは、マスコミが絶対書かないことを書く。今日の試合の主審は中国人だった。明らかに香港寄りの笛を吹いていた。このこと自体は責められない。どこの国の人間だって自分の国のチームを無意識でも贔屓してしまうものだ。ましてや中国である。北京オリンピックのいろんな場面で何度首をひねったことか。だから国際大会において、参加している当事国の人間が主審を務めることはありえないのだが、何故こんなことが起きるのか。日本サッカー協会の力の無さ、おとなしさが原因だと考える。こんなことが決まってしまった時点で猛烈に抗議しないからこうなる。結局そんな「汚れ役」を引き受ける人間が協会にいないということだ。以前ハンドボールで「中東の笛」という問題があった。あの時ハンドボール協会の会長が記者会見をして「選手達がかわいそう」だと言って涙を流していたが、「あんたの立場でやれることはなかったのか」と言ってやりたかった。マスコミも同罪だ。こういう問題には本当に見てみぬふりをする。

そもそも「香港」というチームがなぜ出場しているんだろう?もうとっくに中国に返還されているというのに。「台湾」はなぜ出ない?「北朝鮮」はワールドカップには出るのに今回は不参加?疑問に思うことはいっぱいある。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。