だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ベスト盤

かの大瀧詠一師は「ベスト盤をバカにする者はコレクターじゃない」と喝破しました。

しかしいっぽうでベスト盤は「痒いところに手が届かない」のも事実。

早い話が両方聴かなきゃ駄目ってことです。
このシンガーのオリジナルアルバムは全部持っている、という場合もベストを聴くと意外に新鮮なものです。

2010.01.14  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド

2010.01.12

category : 島耕作のジャズ

第14話

ニューヨーク物語ニューヨーク物語
(2006/04/19)
ビリー・ジョエル

商品詳細を見る
昔聴いたことのあるアーティストのCDが安く売られていたり、レンタルされていたりすると、それ程好きではなくても、とりあえずベスト盤くらい押さえておこうという気になる。それで一応聴いてはみるのだが、ベスト盤だけに新たな発見はあまり無い。やはり意外な発見があるのは、当時はお金が無くてとてもそこまで手が回らないと、ベスト盤だけで我慢したアーティストのオリジナル盤だ。

私が生まれて2番目に買ったLPレコードは「カーペンターズ」の当時のベスト盤で、有名な曲はすべて入っているもの。これ1枚でOKとずっと思っていたのだが、当時迷った末に買わなかった「ナウアンドゼン」というオリジナル盤が安かったので購入して聴いてみると、ベスト盤にも収録されていてダブる曲もかなりあるのだが、その中に混じって、「メドレー:ファン・ファン・ファン~」なんてのがあって、「お兄ちゃんもなかなかやるじゃん」といった発見があったりする。

このCDも、そもそもは表題の「ニューヨークの想い」(邦題)の音源を手に入れるためにネットでレンタルしたのだが、聴いてみると予想以上に良い。大ヒットした「ストレンジャー」や「素顔のままで」より前に発表されたもので、派手な曲は無いのだが、佳作揃いだ。おそらくこの企画がなかったら出会わなかっただろう。島耕作に感謝である。


スポンサーサイト

コメント

ベスト盤

かの大瀧詠一師は「ベスト盤をバカにする者はコレクターじゃない」と喝破しました。

しかしいっぽうでベスト盤は「痒いところに手が届かない」のも事実。

早い話が両方聴かなきゃ駄目ってことです。
このシンガーのオリジナルアルバムは全部持っている、という場合もベストを聴くと意外に新鮮なものです。

2010.01.14  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。