だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

全日本フィギュア

2009.12.27

category : スポーツ

邦大須


妻はフィギュアスケートを見るのが大好きである。
私も妻につられてよく見る。昨夜の注目は、このところキム・ヨナにも負けて調子が出ない真央ちゃんが、無事にオリンピックの切符を手に入れることができるかであったが、さすがに若くても経験豊富な彼女は、手堅くまとめ1位を確実にした。彼女に行って貰わなければ、バンクーバーでの金メダルは無いなと思っていた私達もほっとしたのだが、ドラマはこの後待っていた。真央ちゃんの前に滑った中野友加里も最初のジャンプでミスはあったものの無難にまとめ、これでオリンピック当確だろうと思って見ていたのだが、滑り終わった彼女の表情は冴えなかった。そして、妻が密かにダークホースと目した鈴木明子の演技が始まった。妻が言った「この子には今勢いがあるからわからんよ」、私も滑り出しを見て「これは逆転があるかも」とすぐに思った。表情が生き生きとしているし、滑りにも迷いが無い。途中ジャンプと関係ないところでのミスはあったが、滑り終わる頃には、私達だけでなく、会場の観客の多くが同じことを感じていたに違いない。オリンピックで活躍するには、この精神力の強さが必要だ。仮にこの大会で中野に負けても、オリンピックには彼女を連れて行くべきだと思ったが、さて協会の役員にそこまでの度量があるだろうか?

結局、僅差の逆転で鈴木がオリンピック代表に選出された。もし仮に採点で中野が上位になり、それでも将来性を買ってオリンピックには鈴木を選出したら、私はスケート協会に対して拍手喝采するつもりだったが、その機会もなくなった。何だか意図的に丸く収めてしまったように思えるのは、私がひねくれているからだろうか。

表題の写真は、真央ちゃん、鈴木明子両選手が練習しているリンクに、今年たまたま訪れた時のもので、どちらも名古屋市内にある。フィギュア王国愛知ここにあり。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。