だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2013西三河U-14サッカーリーグ展望その2

2013.11.19

category : MSC

Hブロックの「朝日対決」は注目。



「W杯決勝トーナメント表があれば、それを肴に一晩中酒が飲める」と言ったのは、90’年のイタリア大会の時の釜本邦茂さんだったと思う。NHKの中継で解説を務めた釜本さんはじめ、加茂周、川淵三郎(まだJリーグは始まっていない)、奥寺康彦などそうそうたるメンバーが、予選リーグが終わった時点で優勝国を予想するという特番だったと記憶している。W杯でなくともサッカーに関してあれこれ予想するのは、たとえその対象が中学生の試合であっても楽しいものだ。

というわけでU-14西三河リーグである。ほぼ順位が確定した組もあるようだが、まだ全日程を終えたわけではないので今のうちに?順位予想をしてみたいと思う。

組  1位   2位   的中率
A  竜南   若園   60%
B  竜神   末野原  60%  
C  高橋   梅坪台 100%
D  刈谷南  翔南   90%
E  雁が音  三好   60%
F  美里   MSC  90%
G  平坂   竜海   60%
H  朝日   朝日丘  60%   

実際に観戦したわけではないので、あくまでここまでの試合結果から判断するのみだが、まずA組はあと4試合を残す若園が、毎試合コンスタントに実力を出せるかが鍵。B組は2位争いが面白い。末野原と刈谷東は得失点差勝負と見た。C組はほぼ確定、D組2位予想の翔南は最終戦の矢作と引き分けても竜北を得失点差で上回る。E組の2位争いも熾烈だが、ここも得失点差勝負なら三好が安祥を上回る確率が高いと見る。F組については「冷静に判断した結果」とだけ申し上げる。G組は平坂の逆転1位の可能性があるが、新川相手に勝ちきれるかがポイント。そして最も注目なのはH組の「朝日(刈谷)対朝日丘(豊田)」だ。両チームとも2位以上は確定しており、朝日丘が3点差以上つけて勝つと順位がひっくり返る。朝日(刈谷)には去年MSCも負けていて、同じ豊田勢として朝日丘を応援したいところだ。但し3点差以上離すのは難しいというのが順位予想の理由である。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。