だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

無題

事実=実際に起こった事柄

実際に起こった決勝戦から見ると
事実上の決勝戦⇒豊田AFC VS MSC

では、豊田AFC VS SC豊田は?
暗黙上の決勝戦かな・・・。

2013.09.05  zeppelin  編集

無題

実質上の決勝戦でした。

2013.09.05  zeppelin  編集

「事実上の・・・」

「事実上の決勝戦」というフレーズは昭和58年の夏の甲子園準々決勝「池田対中京」の時に初めて耳にしたのだと思います。この試合に勝った池田が優勝するものと思っていましたが、結局優勝したのはその池田に準決勝で勝ったPLでした。当時のPLには1年生だった清原と桑田がいて、大阪地区の予選からずっと目覚しい成長を続けていて、優勝できたのも彼らのおかげだと監督がインタビューで語っていたような気がします。あの時のPLに、今回のMSCの姿を重ね合わせていたかもしれません。

2013.09.05  Thinking Man  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

サマーバケーションカップ準優勝

2013.09.01

category : MSC

準決勝 MSC0-0(PK4-2)高橋中
決勝 MSC0-4豊田AFC


ドラクエで言うならレベルアップのファンファーレが3、4回立て続けに鳴ったようなものだ(古臭い例えでスイマセン)。今回の準優勝で得た経験値はそれ程に大きい。確かに事実上の決勝戦は、豊田AFCとSC豊田の準決勝だったかもしれないが、MSCが準優勝チームであることも紛れもない事実である。選手達は堂々と胸を張っていればいいし、この自信がチームを飛躍的に成長させることになると信じている。

ところで考えてみると、ウチの次男坊はGKとしてまだPK戦で負けたことがない、と言っても今回の準決勝を含めてわずか3回だけの話ではあるが・・・ではあとの2回はと言うと2年前の小6の秋、ペレニアルSCとして参加した「あつみチャンピオンズカップ」での準決勝と決勝でのこと。つまり優勝に導いたというわけで、案外「ここ一番」に強いのかもしれない。

当時のニュース映像 後半(6:40頃から)

スポンサーサイト

コメント

無題

事実=実際に起こった事柄

実際に起こった決勝戦から見ると
事実上の決勝戦⇒豊田AFC VS MSC

では、豊田AFC VS SC豊田は?
暗黙上の決勝戦かな・・・。

2013.09.05  zeppelin  編集

無題

実質上の決勝戦でした。

2013.09.05  zeppelin  編集

「事実上の・・・」

「事実上の決勝戦」というフレーズは昭和58年の夏の甲子園準々決勝「池田対中京」の時に初めて耳にしたのだと思います。この試合に勝った池田が優勝するものと思っていましたが、結局優勝したのはその池田に準決勝で勝ったPLでした。当時のPLには1年生だった清原と桑田がいて、大阪地区の予選からずっと目覚しい成長を続けていて、優勝できたのも彼らのおかげだと監督がインタビューで語っていたような気がします。あの時のPLに、今回のMSCの姿を重ね合わせていたかもしれません。

2013.09.05  Thinking Man  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。