だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ディアドラ

2009.12.24

category : スポーツ

ディアドラ(diadora) ディアドラ ロングダウンコート O ネイビーディアドラ(diadora) ディアドラ ロングダウンコート O ネイビー
()
ディアドラ

商品詳細を見る


これは自分が着る為に購入。
それにしてもAmazonは何でも売っているなー。書籍とCDだけだと思っていたが何のことは無い、ゲームソフト、家電から、もしやと思って検索したこのロングコートまで売っている。つまりスポーツショップも兼ねている訳だ。おかげで画像をアップできる。

購入の動機は、次男坊のサッカー教室だ。サッカー教室は、平日の夜開かれていて、この時期観ている方は非常に辛い。私は仕事帰りに寄っているので、いわゆる通勤用の普通のコートを羽織っていたのだが、それでは追いつかなくなってきた。下半身がどうしても冷えてくる。そこでこのロングコートの登場だ。膝下も足首のすぐ上あたりまでしっかりガードしてくれる。

「ディアドラ」について少し説明すると、イタリアのスポーツメーカーで、元々は靴のメーカーだったらしい。母国のサッカーのナショナルチームのユニホームも受注したこともあるが、最近はアディダス、プーマなど世界的な企業に受注を奪われている。昔は、サッカーの主要国であれば、自国にそこそこ大きなスポーツメーカーがあれば、そこに受注していた。例えばフランスのルコック、デンマークのヒュンメル、ブラジルのペナルティなどだが、今はみなアディダスなどにやられている。日本代表も今はアディダスを使用している。そんな中で頑張っているのは、イギリスのアンブロだ。今でもイングランド代表そしてお隣のアイルランド代表のユニフォームはここが作っている。

話が少し逸れたが、今サッカー少年及びその親たちの間で流行っているブランドがこの「アンブロ」だ。色は、紺、赤、白の組合せがベースになっていて、このシックな感じがイングランド代表をイメージさせる。私も好きなデザインだが、そんな中、何かと自分の息子を識別する為には違うブランドが望ましい。それに、他所の子より目立ってほしいという気持ちも有る。そこで目を付けたのがディアドラだった。ユニフォームは指定のものがあるが、それ以外のトレーニングウエアやシューズ、バッグはこのブランドで統一した。今後も全て統一していきたいと思っている。そして親の私も、と言うわけである。

今夜が私のお披露目の日だったのだが、着ている暇もなくなってしまった。何故なら今夜は、急遽親達も練習試合に参加することになったからだ。7分間のミニゲームを2試合、私たち「パパさんチーム」は、子供チーム、コーチ陣チームと対戦、ロングコートを脱ぎ捨て、年甲斐もなく走り回ると、3分もたたないうちに体が言うことを聞かなくなり、息も絶え絶えとなってしまった。明日の朝が怖い。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。