だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ナイトリレーマラソン2013

2013.07.13

category : イベント

こんなに盛り上がっているとは。



次男坊のサッカーチームで参加したこのイベント、エントリーしたのは「6時間リレー」という種目。豊田スタジアム内とその外周に設定された1周約1.5kmのコースを、リレー(交代)して6時間で何周走れるかというもの。1チーム9人編成で2チームが参加、もちろん保護者である私はただの「付き添い」だが、健脚自慢の「お父さん」が唯一人中学生に混ざって参加されたのがすごい。。

「ナイトリレー」となっているもののスタートは午後3時でまだまだ暑い時間帯、最後までスタミナは持つのか?と思ったが、流石に中学生は若い。私(と比較するのもどうかと思うが)なら、仮に何とか1周1.5kmを走り終えたとしても、そのまま倒れこみ二度と起き上がれないだろうが、若者たちは約1時間弱のインターバルの後、再びスタート出来るのだ。最終的にはこの1.5kmを多い選手で7回、少なくとも6回は走ることになる。この回復力が本当に羨ましいと思う。

フィナーレは結構ドラマチックだった。「フィニッシュ」ゲートをチームみんなで手をつないでゴールするというのが「お決まり」のようで、それを「三州足助太鼓」の演奏と花火が出迎えるという演出だ。去年から始まったこのイベント、今年初めて参加したのだが、これだけ盛り上がればこのまま豊田市の夏の定番イベントとして定着するのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。