だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

心臓に悪いんで私は見たくありません

安心して見たいです

2013.06.05  kns990  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本1-1オーストラリア

2013.06.05

category : 日本代表

まずは良かった。


2014ブラジルW杯出場が決まった。(同点に追いつく)PKを蹴った本田が「緊張した」と言ったが、結果的にはあれを外して負けていても、その数時間後にイラクがオマーンに負けたことで出場が決まっていた。そもそもこの試合の前の時点で、日本は2連敗してもほぼ出場が決まっていた。唯一、イラクが3連勝し、ヨルダンが大量得点で2連勝して得失点差で日本を上回る場合のみ日本はグループ3位となり出場を決められないがが、その可能性はゼロに近かった。さらに言えばグループ3位となってもそれで終わりではなく、A組3位(日本はB組)とのプレーオフ、大陸間プレーオフを勝ち抜けばW杯に出場することができる。確かに本田のPKの瞬間は私もかなり緊張したが、冷静に考えればその「ハラハラ・ドキドキ」は「ドーハの悲劇」や「ジョホールバルの歓喜」の比ではない。

「ドーハの悲劇」からもう20年だそうだ。サッカーの試合を観ていてあんなに辛い思いをしたことは無いが、あれをリアルタイムで経験できたのは本当に良かったと思う。W杯出場が当たり前になっている今の若い人は、ある意味で可哀想だ。望むわけではないが、もしグループ3位になってプレーオフに突入したとしたら・・・これは相当にシビレる試合になったはずで、そんな試合を久しぶりに観てみたいと思う自分がどこかにいる。
スポンサーサイト

コメント

心臓に悪いんで私は見たくありません

安心して見たいです

2013.06.05  kns990  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。