だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

大阪高2自殺問題について考える

2013.01.16

category : 時事

やはりスポーツは「クラブ」でやるべきだ。
スポーツ(に限らずあらゆる文化活動もそうだが)は部活ではなく、学校とは切り離された地域の「クラブ」で行うべきである。これは、前々から私が主張していることだ。理由については山ほどあるが、今回の事件に関して言えば、このバスケのチームがもしも部活のチームではなく、クラブチームであったなら、あのような悲劇は起こらなかったと思うからである。

一番の問題点は閉鎖的な社会を作ってしまうということだ。例えば問題の体罰監督がクラブチームの監督であったなら、少なくとも学校にいる間は顔を合わせずに済む。どうしても耐えられなければ、別のクラブでバスケを続けることもできる。だが部活ではそうはいかない。理想的なのはひとつのクラブの中に小学生の部、中学生の部、高校生の部、成人の部などがあり、同じ練習場で互いに別のカテゴリーの選手を横目で見ながら、刺激を受け合いながら練習することで、とにかく大事なのは「密閉空間」を作らないこと、多くの人々の目に晒されていることだと思う。

この監督を知る人の中には擁護する声も少なくないと聞く。もちろん熱心な指導者であっただろうし、生徒の自殺など思いもよらなかっただろうが、傍からみればこの生徒と先生の関係は明らかに異常に思えたはずだ。ところがその傍から見ることのできる人が居なかった、或いは見ようとしなかったと思われる節があるのが悲しい。やはりスポーツは学校でやらないほうがいい。これが結論だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。