だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

オーストラリア1-1日本

2012.06.13

category : 日本代表

過去に1度だけ見たことがある。


昨日の試合を観てつくづく日本は強くなったと思う。アウェー、でこぼこの芝生、酷い審判、それにもめげず果敢に攻めて先制、しかしそれもあのアホ審判によって無理やり同点にさせられて、これまでならガックリきてそのまま逆転されて…となるはずだったが川島の好セーブもあって引き分けに持ち込んだ。「これだけハンデを付けてもらっても勝てなかった」というのがオーストラリアの選手、監督の実感だと思う。

それにしてもあのアホ審判、レフェリングが酷いのはある程度覚悟はしていたものの、セットプレーの途中だというのに試合終了の笛を吹いたのには本当に呆れた。あんなの初めて見たという声がネットでも多いが、私は過去に1度だけ見たことがある。1986年メキシコW杯の予選リーグ、どこの国の試合だったかが思い出せないが、セットプレーからボールが蹴られてそのままゴールインしたにも拘わらず、なんとそのボールが空中にある間に試合終了の笛が吹かれ、そのゴールが認められなかったという今回の日本より遥かに可哀想な国があったのだ。当時の私は「そういうこともあるのだなあ」と思っていたのだが、それ以降昨日までそんな酷い笛を吹かれた試合はひとつも無かった。

「アウェーでは何が起こるかわからない」などとしたり顔で言い、挙句の果てに「そういう審判だとあらかじめ判っていたのだからそれなりの対応を…」などと言う人がいるが、冗談じゃない。選手が発言するならともかく、記者や評論家などマスコミ関係者だとしたら一体何様のつもりだと言いたい。そういう「被害」から少しでも選手を守る為にもっともっと大騒ぎして、あんな審判を起用させないように訴えていくとかマスコミとしてやれることはいろいろあるだろう。だから今回結果的に同点とされたPKを取られたファールを犯したとされている内田についても反省することなど全く無いと私は思っている。むしろこの試合の内田はいつになく頑張っていた。いつもは私にとって腹立たしいプレーしかしない(失礼)内田だが、この試合では十分気迫が感じられた。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。