だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

名古屋3-0セントラルコースト(豪州)

2012.05.16

category : グランパス

3点目に意味は全く無い。


昨日の試合グランパスが3点目を挙げた時、実況していたBS朝日のアナウンサーは「どうしても欲しかった3点目が遂にはいったぁ・・・」などと実況していたがこれは明らかな勘違いである。更に「暫定ですがこれで城南一和(首位争いをしている韓国のチーム)を得失点差で1点上回りました」というのも一瞬間違いでは無さそうだが、単に誤解を与えるだけの発言。つまりこのアナウンサーは状況が判ってない。

アナウンサーが「暫定」と言ったのは首位争いをしていた「城南一和」の最終戦がグランパスの試合の後に行われたからなのだが「得失点差で1上回る」というのは、後で城南一和が勝てば必ず追いつかれることを意味する。追いつかれた場合どうなるかと言うと「総得点」の争いとなり、こちらは現在同点なので必ず追い抜かれることになり結局グループ2位となる。グループ2位になると決勝トーナメント1回戦はアウェーで戦わなければならない。だから1位か2位かというのは重要なのである。

4点目を取ることには意味があった。その場合城南一和が1-0の勝利ならグループ1位になれる。だからグランパスの選手は試合終了後決勝トーナメントに進めたことは喜んでいたが「3点しか取れなかった」という気持ちもあっただろう。実際には城南一和は最終戦3-0で勝ったので、グランパスは6点取る必要があったが、試合展開からも不可能ではなかった。

何はともあれ決勝トーナメントに進めて良かった。そして次の相手はアデレード・ユナイテッド(豪州)と決まった。これはラッキーだ。アウェーとは言え中国や韓国との対戦と比べたら楽なものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。