だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

マイ・フェアレディ

2009.12.15

category : 島耕作のジャズ

第10話

マイ・フェア・レディマイ・フェア・レディ
(2009/06/12)
シェリー・マン&ヒズ・フレンズ

商品詳細を見る
「マイ・フェアレディ」というタイトルの曲はどうも無いようだ。アルバムタイトルとしては、同名の映画のサントラと、その中の曲をアーティストが自分なりにアレンジして出したものがある。今日の表題もその一つ。他にはジャズピアノの「オスカーピーターソン」のものがある。

このアルバムの中では多分「踊り明かそう」と言う曲が一番有名だ。というより以前から聞き覚えのある曲といったらこの曲だけだ。ただしこの「シェリー・マン」というジャズミュージシャンのアレンジはかなり斬新で、よほど注意して聞かないと、原曲がこの曲だとは分らない。

映画の方は、恥ずかしながら最後まで見ていない。主人公(ヘップバーン)とヒギンズ博士が出会うシーン(言葉の訛りについて二人の研究者がマニアックな会話をかわしていたことだけは覚えている)まで見て、止まってしまった。要するに見ていないに等しい。

地味な女性が、だんだん磨かれてレディになるというストーリーは多い。「プリティ・ウーマン」もその一つだと思うが、妻はこの映画が大好きで何十回も見たと言う。ところがこの手の話が日本で作られると、何故かエロティックな作品に仕上がってしまうと思うのは私だけだろうか?


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。