だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

名古屋0-0天津

2012.04.18

category : グランパス

ACLの審判はアジア以外で!

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)予選Gグループ第4戦、ホームでスコアレスドローという情けない結果に終わったグランパス。それでも今回のJリーグ勢の中では良い方で、G大阪と柏は予選リーグ突破がかなり厳しくなってきた。普通に試合が出来さえすれば、4チーム揃って1位通過でもおかしくないのだが、いろんなところに障害がある。

例えばこの試合の主審を務めたのは香港の人だったが、何故中国のチームと日本のチームが対戦するのに中国人が主審を務められるのか?普通どんなスポーツでも重要な国際試合でどちらかの国の人がその試合の審判を務めるなどということはありえないのだが、それを実現させてしまうのが中国で、抗議すら出来ないのが日本である。

実はこの試合の香港の審判がそんなに酷かったわけではない。むしろ酷さで言えば中東の国、UAEあたりが一番酷い。何が酷いかと言えばとにかく危険なタックルに甘すぎる。だから最も被害を受けるのは綺麗なパスサッカーでなるべく接触プレーを避けようとするJリーグの選手達ということになる。ではどうすれば良いか?私の意見はアジア以外の地域から審判を呼んでくること。ドーハの悲劇の時のアジア最終予選がその方式だった。中東の国々や中国は多分反対するだろうが、日本にとっては別に有利な笛を吹いて貰いたい訳では無い。少しでも普通に戦えればそれだけで有利になるのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。