だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

キス・オブ・ファイヤー(Kiss Of Fire)

2012.04.09

category : 島耕作のジャズ

第108話

Caterina Valente CollectionCaterina Valente Collection
(1998/02/10)
Caterina Valente

商品詳細を見る

英語の表現って面白いと思えるタイトル。日本語に訳すなら「熱い口づけ」くらいが適当だと思うが、これを「FIRE」と表現するところがシャレている。「ファイヤー」と言えば調べてみたら日本には「キスオブファイヤー」という花火があるそうな。

Caterina Valente(カテリーナ・ヴァレンテ)と言う人は知らなかった。主に1960年代にヨーロッパを中心に活躍した人とのことで、英国のロックしか知らない私には苦手な分野だが、これからの研究テーマでもある。

曲は聴き覚えのあるメロディで、YouーTubeではルイ・アームストロングのものがまずヒットするが、やはりこの曲は女性に唄って欲しい。年代的にも弘兼憲史さんもこの人の歌をイメージしていたのではないだろうか?




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。