だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ピーチフィズはいかが

コアントローをジンに変えて(適量、アルコール少なめなら30ml、多めなら45mlくらい)、レモン15ml、ピーチシロップ15mlにしてシェイク。

タンブラーにこれを注ぎ、シェイカーの中の氷も入れ、ソーダで満たします。

このときソーダをなるべく氷にぶつけないように。
ソーダの力で混ざるので、バースプーン(なければマドラー)で軽く氷を上下させる程度で完成。

フィズはいろいろなリキュールでできます。
リキュールのアルコールだけで作るのもよし、ジンを適量いれて引き締めるのもよしです。

2012.03.25  Sugar Pie Guy  編集

フィズにシェイクの神髄あり

つけたしです。
家庭でフィズを作るのにシェイクは不要かもしれません。

グラスの中でかき混ぜ、そこにソーダを満たしてもできます。

シェイクと比べてください。違いが感じられなければ---シェイクの技術が未熟ということです。

なぜフィズにシェイクが必要なのか=シェイクする必然性が求められる。

というわけでフィズはバーテンダーの技量をはかる定番カクテルです。

いやなことに僕の店にプロのバーテンダーが来ると、たいていジンフィズを頼みやがる(笑)
僕もほかのバーに行くときは、頼み返してやります。

2012.03.25  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ピーチ姫(オリジナル)

2012.03.24

category : ウチでカクテル

妻の評価はこれまでで1番。

ピーチ姫

コアントロー  1/3
レモンジュース 1/3
桃のシロップ  1/3

以前、「シンデレラ」というカクテルについて書いた。オレンジジュース、レモンジュース、パイナップルジュースをシェイクして作るノンアルコールカクテルだが、オレンジジュースの替わりにコアントロー、パイナップルジュースの替わりに桃のシロップを用いて作ったのが「ピーチ姫」。妻の評価はすこぶる良く、「今まで作ってくれた中で一番美味しい」とのこと。ポイントはアルコール度が低くて「甘い」ことのようだ。

ところでレシピの中で「桃のシロップ」と書いたのは実は「桃の缶詰の残り汁」である。私が子供の頃は(いや、私にとっては今でも)高級な甘味としてとても貴重なものだった。ところがうちの次男坊はその残り汁に見向きもしない。今の子供は贅沢になったもので、「それでは私が」とその残り汁を平らげようとすると妻が「何考えているのっ?」。妻は現在私のダイエットに食事の面でサポートしてくれているのだった。

それでもこのまま捨ててしまうのは、いかにも勿体ないと思い考案?したのがこの「ピーチ姫」である。桃を使って「シンデレラ」をアレンジしたから姫繋がりで・・・という単純な発想だがなかなか良いネーミングと悦に入っていたのだが、やはりネットで検索してみると、レシピは違うものの既にこの名前のカクテルは存在していた。そりゃあそうだわな。
スポンサーサイト

コメント

ピーチフィズはいかが

コアントローをジンに変えて(適量、アルコール少なめなら30ml、多めなら45mlくらい)、レモン15ml、ピーチシロップ15mlにしてシェイク。

タンブラーにこれを注ぎ、シェイカーの中の氷も入れ、ソーダで満たします。

このときソーダをなるべく氷にぶつけないように。
ソーダの力で混ざるので、バースプーン(なければマドラー)で軽く氷を上下させる程度で完成。

フィズはいろいろなリキュールでできます。
リキュールのアルコールだけで作るのもよし、ジンを適量いれて引き締めるのもよしです。

2012.03.25  Sugar Pie Guy  編集

フィズにシェイクの神髄あり

つけたしです。
家庭でフィズを作るのにシェイクは不要かもしれません。

グラスの中でかき混ぜ、そこにソーダを満たしてもできます。

シェイクと比べてください。違いが感じられなければ---シェイクの技術が未熟ということです。

なぜフィズにシェイクが必要なのか=シェイクする必然性が求められる。

というわけでフィズはバーテンダーの技量をはかる定番カクテルです。

いやなことに僕の店にプロのバーテンダーが来ると、たいていジンフィズを頼みやがる(笑)
僕もほかのバーに行くときは、頼み返してやります。

2012.03.25  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。