だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

マレーシア0-4日本

2012.02.25

category : U-23日本代表

ロンドン五輪アジア最終予選第5戦



敵地での4-0だからと言って「快勝」とか「大勝」と言うのは少し違う。ホームかアウェーか、対戦相手のレベル、コンディション、モチベーション、その試合に臨む時点での状況が求める点差などによりそのスコアーに対する評価は全く違うものになるはずだが、相変わらず日本のマスコミでは2,3点差の勝利ならまず快勝が付く。まだまだその辺りが解ってない、と言うか解かろうとしない。4-0でもオリンピックにはまだ自力では行けないということを国民(大袈裟か?)に知らしめるべきだった。

実は今回の勝利の後にライバルのシリアがバーレーンに敗れたため、自力でのオリンピック出場が復活したのだが、更にこれを書いている間に最終戦の開始時刻が同時刻になったと言うニュースが飛び込んできた。もしシリアがバーレーンに勝っていたとしたら、そして最終戦で日本がバーレーン相手に1点差でしか勝てなかったとしたら・・・当初の予定では日本対バーレーンの結果を知った上でその数時間後にシリアがマレーシアと戦うことになりかけていた・・・多分夜中に放映されるであろうシリア対マレーシア戦がどれほど心臓に悪かったことか。

日本サッカー協会の小倉会長は当初「こうなってしまったのは私たちの責任だ」「テレビ放映の予定もあるし変更は難しい」などとマヌケなことを言っていた。こういった得失点差まで絡んでくるグループリーグの最終戦を同時刻に開始する事など常識中の常識であり、それを自分のところの試合だけ遅らせようなどと言うのは断じて許してはいけないことだ。詳しくは下のサイトを読むと解りやすいが、結局同時刻になったのは、小倉会長の手腕ではなくFIFAがあまりのアジアのデタラメさに自ら動いたのだと思う。シリアを中国・韓国に、FIFAをアメリカ或いは国連に例えると、尖閣や竹島の問題にも共通するものを感じるのは私だけだろうか。


【サッカー/五輪代表】日本に逆風!最終節開始時刻シリアが後。小倉会長「もう一度AFCが議論することになると思う」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1328568304/
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。