だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

中京大中京3-2済美

2012.01.04

category : 高校サッカー

久しぶりに高校サッカーが楽しい。

昨年のJリーグで柏に優勝をさらわれてからというもの、クラブワールドカップではグランパスの代わりに柏の応援をしなければならず、その柏に天皇杯では雪辱を晴らしたと思ったら次の準々決勝で横浜Fマリノスに負け、おまけに女子の天皇杯とも言える全日本選手権では贔屓の「岩渕真奈」の日テレベレーザも準決勝で敗退し、これで元日のお楽しみは無くなってしまった。そんな折、翌日2日に妻の実家でたまたま観ていたのは高校サッカーだった。

愛知県代表は近年すっかり常連となった中京大中京だが、今年はあの「宮市亮」の弟という注目選手がいる。その試合(初戦の作陽戦)はPK戦までもつれたがなんとか勝利、翌3日は注目の宮市剛が2ゴールを挙げて勝利、次は準々決勝で四中工と当たることになった。四中工とは因縁があって、今の中京の監督は元グランパス選手だった岡山哲也氏だが、彼が3年生の時にやはり四中工と対戦していてPK戦の末敗れている。その時の四中工はとても強く、PK戦までもつれただけでも大健闘だったのだが、なにしろ小倉隆史(グランパス)、中西(市原)、中田(今は亡き横浜フリューゲルス)と3人のJリーグ入団予定者がいて、結局優勝している。そんなこともあって岡山監督としても次はどうしても勝ちたい一戦となるはずだ。

実は私にとっても中京にはどうしても勝ってもらいたい理由がある。準々決勝を突破すると次は準決勝で桐生第一(群馬)と尚志(福島)の勝者と当たることになるが、震災にめげずにここまで勝ち上がってきた尚志には申し訳ないが桐生第一の「鈴木武蔵」と宮市の対決がどうしても見たいのだ。鈴木武蔵については昨年のワールドユースの時にも書いたが、将来が本当に楽しみな選手である。高校のチームの中でどんなプレーをするのかぜひ見てみたい。そのためにも両校ともぜひ勝ち上がってもらいたいのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。