だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

40年ぶりの富士山登頂

2011.07.17

category :

フットサル優勝の余韻に浸る間もなく、富士山へと向かった。

車中から

ここ数年の私の目標だった富士山登頂が遂に実現した。前日のうちに出発点となるロッジに到着。翌朝は4時半にロッジを出発し、五合目まではマイカー規制のため途中からシャトルバスに乗り換えだった。

朝の車中から
シャトルバス駐車場


絶好の天気に恵まれ頂上を目指す。何度もくじけそうになったがなんとか頂上まで行けた。とにかく空気が薄いので休憩しても再び歩き出すとすぐに息が苦しくなる。下半身の筋肉がすぐに悲鳴を上げる。最後は気力だけで登っていた。

五合目
杖をついて
いよいよ上りに
序の口
一休み
山中湖
いよいよキツイ
七合目
七合目はいくつもある

八合目
本八合目
ジュース各種350円也
若者はまだまだ元気
歳には勝てぬ
雲が出てきた
九合目
最後の試練
ゴールが見えた
頂上
火口

下山は更に辛かった。右足首は捻挫のような症状が悪化し、足の爪の痛みも酷い。下りでしかも小石で滑りやすくなっているのに踏ん張りが効かない。それでも否応なく踏ん張らなければならないが、そのたびに足に痛みが走る。最後にはうめき声が抑えきれなくなった。という訳で写真も下山途中で全く撮る余裕が無くなってしまった。

下山開始
砂埃
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。