だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本2-2アメリカ(PK勝ち)

2011.07.18

category : なでしこジャパン

5人目のキッカーは澤ではなかったらしい。

スポーツで最も評価される優勝は、個人競技なら陸上の100メートル競走、団体競技ならサッカーだと思っている。サッカーは世界で最も人気のあるスポーツであり男子と比べれば注目度は低いものの、W杯で優勝となれば大袈裟に言えばサッカーのみならず日本女性全体の運動能力に対する世界の見方が変わる。ブラジルがサッカー大国だというのは世界中の誰もが認めているが、ブラジルの男性にとってはこれも大袈裟にいえばこのことが生きていく上でのプライドの源になっていることは間違いない。日本でも国を挙げて大騒ぎはしているが、本当に「事の重大さ」を解っているのかは疑わしい。

今回の私の「予想」は珍しくいい線いっていたと思う。先制されて追いつきPK戦の末に勝利するという部分は大正解!ただし活躍を予想した「岩渕」は最後の数分だけ出場、「永里」は途中出場したものの、ボールを奪われて失点のきっかけを作り、PK戦でも唯一ハズした。この二人にとっては悔しいW杯になっただろう。この屈辱をバネにして4年後の大会で大活躍してほしい。

さてPK戦日本4人目は「熊谷」だったが、あの場面で本当によく決めた。あそこで外すと私の予想である「5人目に澤が蹴り優勝を決める」というシナリオに近づくが、実際にはとてつもなく大きなプレッシャーがのしかかって、澤といえども外してしまう可能性は十分あった・・・などと考えていたら、実は澤はPKが嫌いで、10番目に蹴ることになっていたらしい。つまり予想は最初からハズれていた訳だが、もし実際に5人目が蹴るとしたら、やっぱり澤以外の選手ではプレッシャーに押し潰されていたのではないかと思う。そういう意味でもその前にケリをつけた熊谷は本当にエラい。決して美人ではない(失礼)が、PKを蹴る直前の真剣な表情は本当に凛々しく、惚れてしまいそうだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。