だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本3-1クウェート

2011.06.19

category : 日本代表

3-1は「快勝」ではない。

1点目
ロンドン五輪アジア2次予選のクウェート戦を観戦した。場所は豊田スタジアム、1階の前から6列目という抜群の座席、しかも入場料は他の人に申し訳ないような安さ。詳しくは書かないが、これは次男坊がサッカーをやっているお陰。

さて試合の方は前半に2点、後半にも1点を追加し「この調子であと1点取って4-0ならまずまず」と思っていた矢先の失点、5-0でもおかしくないくらいの差があったのだが、結局そのまま終了。スッキリしない気分のまま会場を出ると外で配っていたのは朝日新聞の号外で、そこには「日本攻めて快勝」と書いてあった。

冗談じゃない!次に待っているのはクウェートでのアウェー戦、中東での戦いでは何が起こるか分からない。例えば相手の危険なタックルがファールにとって貰えない、こちらのファールにはすぐにカードが出る。これが続くとだんだん日本は消極的になり「まあ引き分けでもいいか」となってくる。前半を0-0で折り返し、後半ひょんなことから失点したとしよう。それは普通なら取られるはずの無いPKかもしれないし、相手のオフサイドが何故か見逃されるのかもしれないがとにかく0-1となる。日本選手にはここで急に恐怖心が芽生えるはずだ。なぜならあと1点取られた時点でもう五輪への道が閉ざされてしまうからだ。アウェーゴール2倍のルールで、2試合の合計3-3の同点とはならず、3-4となってしまうのだ。

もちろん実力から言えばアウェーとはいえ悪くても引き分けというのが妥当なところだと思うし、私もそう予想している。だが先に述べたような悲劇が起こる確率も10%くらいはあると考えている。これは例えて言うならゴルフの大会で決めれば優勝という大事なパットが、実際には1m足らずでプロなら外すはずがないのにとてつもなく長く感じてしまって結局外し、優勝を逃してしまうのに似ている。ましてゴルフならプレーオフがまだ残されているが、サッカーではそれも無い。

今日の1失点、取れなかった追加点がいかに大切だったが身にしみることになる。まあものは考えようで、これで次の試合では最近めっきり感じなくなってしまったハラハラ・ドキドキがまた味わえることになる。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。