だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Jリーグにプレーオフなんていらない!

2011.06.14

category : Jリーグ

「いらない」シリーズ第3弾。
以前「プロ野球のクライマックスシリーズなんて要らない」と2度にわたって書いたことがある。その時は「相変わらず野球界というのはおかしなところだ」などと他人事のように思っていたが、今日のニュースで、この愚行に匹敵するようなことをJリーグでも検討しているという。

簡単に言うとJ2からJ1に昇格できる可能性を、J2の年間リーグ戦の順位で6位までのチームに与えるということだ。つまりリーグ戦(J2)の最終順位が決まった後で、1位2位は無条件で昇格、3位から6位までの4チームはプレーオフを争い、その中で勝ち抜いた1チームも滑り込みで昇格できるというものだ。

これまで全く可能性の無かった4位から6位のチームにも昇格の可能性を与え、リーグ終盤の「消化試合」を減らし、観客動員数を増やすのが目的らしいのだが、ここのところの安直な発想が全くプロ野球と同じだと思うと本当に情けない。

何度でも言うが、そんなことをして瞬間的に少しは盛り上がっても、「じゃあリーグ戦は一体何だったのか?」というモヤモヤが必ず残る。勝ち点で10点も離された6位と3位が対戦して6位が勝ってしまって昇格したら、本当に嬉しいだろうか?負けた3位のチームは「ルールだから」と諦めきれるだろうか?

J2のチーム経営は大半が赤字だと聞く。今回のプレーオフはその打開策として考えられたのだろうが、こんな小手先の方策なら誰でも思いつく。きっとマスコミは歓迎するだろう。こちらも相変わらず情けない。大事なのはサッカー全体の人気を上げ、もっと定着させることだと思うのだが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。