だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本0-0チェコ

2011.06.08

category : 日本代表

無得点に終わったキリンカップ。


チェコのGKはプレミアの強豪チェルシーの守護神で確かに今日もスーパーセーブを連発していたが、無得点だった責任はやはり日本のFW陣にある。岡崎、李、ペルー戦での前田を含めアジアの中では活躍できても世界レベルになると途端におかしくなってしまう。だから見ていてもゴールの予感がしない。テレビの実況ではFWの献身的な守備をしきりに褒めるが、私に言わせれば点が取れない事の帳尻合わせに過ぎない。

後半の1シーン、本田の左サイドからの正確なクロスがファーサイドの李にぴたりと合った。FWならここからが見せ場でどうトラップしてどこにボールを置き、どこへシュートするのかと見ていたら結局シュートは打てずに中央にいたDF吉田の頭に合わせようと浮き球のパス。これがわずかに高く、吉田のヘディングは枠の外へ外れた。あの場面でFWがシュートを打たないのなら余程のナイスパスでアシストしなければならない。もう一人のFW岡崎は、一体ドイツへ行く前と比べてどこが成長したのか?と言いたくなる出来で、李とのコンビネーションでも肝心なところで息が合わず、ガッカリさせられたシーンが何度かあった。

長友と内田をサイドハーフで起用したのも疑問だ。いくらヨーロッパで実績を挙げたと言ってもそれはDFでのこと、サイドを何度でも駆け上がって攻撃参加し、なおかつ守備も出来るから認められたのであり、中盤の位置では価値が無い。ここ2試合は3-4-3を試しているが、従来の4-4-2(最近では4-2-3-1と呼んでいるが)で言えばDFの4は右から内田、吉田、槇野、長友、中盤の4は長谷部、遠藤、本田、家長、そしてFWの2は岡崎と宇佐美。今回のメンバーではこれが私の理想形だった。

プロから見れば、ここで私が言っていることなど「見当違いも甚だしい」のだろうし、ザッケローニより私の意見の方が正しい筈も無いのだが、それでもこれだけは言いたい!「宇佐美を出して欲しかった」

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。