だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

コパ・アメリカ(南米選手権)

2011.04.10

category : 日本代表

「粋な計らい」とはこういうことを言うのだろう。




一度は出場を辞退した「南米選手権」について、欧州組だけで参加する事を検討中らしい。南米サッカー連盟会長でFIFA副会長も務めるフリオ・グロンドーナ氏が日本の海外組を招聘できるように特例措置を提案しているという。同氏は今年の南米選手権開催国であるアルゼンチンの会長でもあり、自国開催に呼んだ日本代表にはぜひ予定通り出場してもらいたいという事情もあるのだろうが、「そんなこと言わずに出てくださいよ」というこの強引さが今回ばかりは日本人として素直に嬉しい。私の勝手な思い込みだが、マラドーナといいメッシといいアルゼンチンの男は何だか個性的で魅力的に映る。金髪、ロン毛が一番似合うのもやはりこの国の男だ。

これを受けて急遽欧州のチームに所属している日本人選手をリストアップしたらなんと14カ国28選手に上ったというから驚きだ。この中には私イチ押しの宮市とか、カレンロバート、久しぶりの森本などが含まれているはずで、非常に楽しみである。多分結果的にこちらの方が最強の日本代表が出来上がるのではないだろうか?

まだ決定したわけではないので喜ぶのは気が早いのだが、代表にとっては貴重な経験になるし、そこでの活躍がJリーグの活況にも繋がるはずで、これまで「Jリーグの日程が大幅にずれてしまう」などと反対していたJリーグチームの経営者たちもこれで文句は言えないはずだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。