だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

セリーグ開幕問題について考える

2011.03.24

category : 野球

この頃の蓮舫さんもまだ「空気は読めていなかった」のではないか?


今行われている「計画停電」なるものは、対象となる地区の住民の同意を取り付けた上で始められたわけではないと理解している。つまり政府が東京電力に指示して強制的に電気の供給を止めているはずだ。前から疑問に思っているのは、東京ドームのような大量に電気を使う施設に対しての規制はないのだろうか?ということだ。

そういった規制があるのなら、本来ならば蓮舫大臣がセリーグ事務所に出向き「申し訳ないがナイターを開催できるだけの電力は供給できません」と言って頭を下げ、強制的に供給を制限すればいいだけの話ではないのだろうか?ところが実際にはマスコミや世論の尻馬に乗って彼らを批判し、その圧力によって延期させてしまった。

私だって今回のセリーグの一連の動きを見れば「電気を節約しようという意識が感じられない」というのは分かるし、弁護するつもりなどサラサラない。だが一般の家庭の中にも「俺には関係ない」と節約などしていない家庭だってあるはずだ。人々の善意だけあてにしていたのでは安定した電力量は確保できない。だからこその計画停電ではないのか?何故政府はセリーグにだけ自発的な自粛を求めるのだろうか?

セリーグには厳しい蓮舫大臣がパリーグの方針には理解を示したそうだ。だが開幕日に限って言えば私は彼女に問いたい「4月12日なら納得できる根拠は何ですか?」
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。