だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

名古屋1-1鹿島(PK3-1)

2011.02.26

category : グランパス

日本版チャリティシールド。




「チャリティー・シールド」とはサッカーの母国イングランドで100年以上前から行われている試合で、リーグ戦の開幕1週間前に、前年のリーグ戦、FAカップの優勝チーム同士が対戦するものであり、日本で今日行われた「富士ゼロックススーパーカップ」はこれをそっくり真似たものである。「チャリティー」と言うくらいだから試合の収益金はどこかに寄付しているはずだが、日本のこの大会でも今年は霧島連山・新燃岳噴火災害の復興支援のための義援金募金活動を行ったようだ。母国に敬意を表してこういう良いところまで真似をするというのは素晴らしいことだと思う。ちなみに今回調べてみたら本家の方は9年前から「コミュニティ・シールド」と名称が変わっていた。

とまぁいきなりこんなことを書くのも、今日は午後から次男坊の練習試合があってこちらは生観戦(テレビの前だが)できず、せめて録画をと思ったのにそれも忘れ、今日の戦いぶりについてコメントできないから。おまけに次男坊は「寝違えて首が痛い」と大騒ぎで練習試合にも殆ど出ずじまいでますます書くことが無くなってしまった。

藤本淳吾はどのくらいフィットしていたのか?永井謙佑はベンチ入りしてなかったようだが出場停止だったのか?気になることはたくさんあった。というのも3日後にはもうACLが始まる。それもいきなり中国でのアウェーゲーム。相手は「杭州緑城」というあまり馴染みのないチームで実力的にはこちらの方が上だとは思うが、なにせ中国でのアウェーである。どんな出鱈目なことが起こっても不思議ではない。選手やサポーターの身の安全だけは保証してもらいたいが、こういう時こそマスコミは「心配だー心配だー」と大騒ぎしなければいけない。そうすれば中国当局がしっかり統制してくれるはずだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。