だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

イッツ・オール・ライト・ウイズ・ミー(It's All Right With Me)

2011.02.09

category : 島耕作のジャズ

第68話

At the Opera HouseAt the Opera House
(1990/10/25)
Ella Fitzgerald

商品詳細を見る

この曲は第33話で一度登場した曲だが、何故か再び登場。「島耕作」の劇中歌とでも言うべきか、マンガの一コマでエラのこの曲が流れるシーンがあるので今回はそのまま採用。

映像はナットキングコールとのデュエットだが、これもなかなかいい。この曲を評して「メジャーとマイナーの巧みな交差・・・」と言った人がいたが、確かに言われてみるとそうだ。




久しぶりに島耕作のストーリーについてご紹介すると、彼は今会社の派閥闘争に巻き込まれクビになりかけているのだが、あらゆる人脈を駆使して、彼をクビにしようとした社長を失脚させることで自分を守るべく暗躍している。その人脈とは、彼の上司(副社長)の愛人、部下の女子社員、その女子社員の母親で実は彼の会社の大株主という3人の女性。もちろん3人とも彼に惚れている。そしてさらに彼の同期で本社企画室長の男、なんと彼は男にもモテるのである。







スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。