だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

あっその漫画知ってますv-7

「通し、通し、通し」って言って一発で積もるんですよね!

私は理論派の明智タイプを目指してました

2011.02.08  hhyt1552  編集

豊臣君の彼女の驚異的なツキにはあの3人組も敵いませんでした。その名も早見優と中森明菜を合成した「早見明菜」ちゃん。懐かしいです。

2011.02.08  Thinking Man  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「キレると強くなる」という構図

2011.02.06

category : テレビ・ラジオ

ドラゴンボール改の悟飯が遂にキレた。



今朝のドラゴンボール改を見ていたら、それまで心優しかった「悟飯」が人造人間16号を破壊された怒りでぶち切れ、そのエネルギーによってパワーアップするという話だった。来週はいよいよ敵をやっつける番だ。

日本人はこういう展開が好きなのかなとふと思う。実際私も観ていて胸がすく思いだった訳だが、それまで悪人の非道にじっと耐えていた主人公が遂に堪忍袋の緒が切れて反撃するというパターン。吉良上野介に意地悪され(実際はどうだったのかわからないが)刃傷に及んだ浅野内匠頭のことを「家来や領民のことを考えないただのバカだ」という人は少数派だろう。

話はかなり飛躍するが、太平洋戦争というバカな戦争を始めてしまったのも、それまで米国をはじめとする列強にイジメられていたことに対してキレてしまったというのが発端ではないか?冷静に考えればとてもケンカを売れるような相手ではないことぐらい分かりそうなものだ。

「堪忍袋」などというものは日本だけにある物だろうか?なまじ貯め込める袋があるばかりに切れた時のパワーが増殖されてしまうのではないか?最近の若者がキレやすくなっていると言われるが、ドラゴンボールを真剣に観ている息子を見ているとちょっとマズいんじゃないかと思ったりもする。大学生になる上の息子が小さい頃には既にこのアニメは大人気だった。

最後に、昔「スーパーヅガン」という麻雀を題材にしたマンガの中に出てきた「ムカフーン打法」というのが笑えた。「振り込みの怒りを乗り越え、欲を捨てた無我の境地に浸りながらツキでアガリまくる」というのだが、主人公の豊臣君はその技をもってしても、麻雀で負け続けた怒りをパワーに変えることは出来なかったのだ。
スポンサーサイト

コメント

あっその漫画知ってますv-7

「通し、通し、通し」って言って一発で積もるんですよね!

私は理論派の明智タイプを目指してました

2011.02.08  hhyt1552  編集

豊臣君の彼女の驚異的なツキにはあの3人組も敵いませんでした。その名も早見優と中森明菜を合成した「早見明菜」ちゃん。懐かしいです。

2011.02.08  Thinking Man  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。