だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本2-1シリア

2011.01.14

category : 日本代表

帳尻合わせのPKで辛くも勝利。

アジアカップ予選リーグB組第2戦は長谷部のゴールで先制するも、主審がシリアのオフサイドを見落としてPKを献上、同点とされたが、今度は微妙なPKを日本が貰いこれを本田が決めてそのまま逃げ切った。

失点の場面、線審はオフサイドの旗をあげていたが主審はそれを認めず、直後にそのオフサイドポジションにいた相手を倒したGK川島はレッドカードで一発退場。日本選手が詰め寄った時の線審は「俺にはどうしようもないよ」とでも言いたげに両手を広げ困ったような顔をするだけ。当ブログにリンクを貼らせて頂いている「蹴閑ガゼッタ」には「川島のクリアボールが今野に当たったと誤審され」とあるが、主審がもしそう判断したのなら納得がいく。川島のレッドカードも、そこのシーンだけを見ればまあ仕方ないだろう。だがその後の岡崎が倒されて日本が得たPKは明らかに帳尻合わせだと思われる。中東の地カタールで行われている大会で、イランの主審が同じ中東のチームと日本との試合を裁いている時に普通だったらあの判定は無い。つまり、主審も「さっきのPKはまずかったかな?」と思っていたからこそだと思う。こういうことはたまにある。よくあるのは一方の選手を「ちょっと厳しいんじゃあ?」と思われるようなレッドカードや2枚目のイエローカードで退場させてしまった場合、その後はもう片方のチームへの判定が厳しくなり、なんとかこっちのチームからも退場者を出そうとしているかのように思えることがある。なにはともあれこのイラン人レフェリーの良心には感謝するばかりである。

相変わらず香川は目立たない。1点目に絡んではいるが、彼の実力はあんなもんじゃないはずだ。FW前田のプレーにも大いに不満が残る。序盤にフリーで放ったヘディングシュートは決めないといけない。惜しいでは済まされない。あんなのを序盤に外されると本人にもチームにも悪影響が出る。内田は相変わらず、本田は良かったと思う。一番の注目株吉田は2試合を終えた時点では合格だと思う。今後がさらに楽しみだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。