だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

鹿島2-1清水

2011.01.01

category : 天皇杯

鹿の生肉がいけなかったのか?

冷凍 蝦夷ジカのモモ肉の生ハム1Kg(約3~5パック)冷凍 蝦夷ジカのモモ肉の生ハム1Kg(約3~5パック)
()
ヴェルジュ(VERJUS)

商品詳細を見る
12月30日の夜、今年最後の仕事を終えて帰宅すると珍しい鹿の生肉のいただきものがあった。生姜醤油につけて食べるとこれが絶品で残り全部をたいらげた。翌朝母が「あんたお腹大丈夫?」父は昨夜から下痢がひどいらしい。その時はまだなんともなかったのだが、昼を過ぎたあたりからまず寒気が襲ってきた。高校サッカーの「中京大中京対久御山」を観終ったころにはかなりつらくなってきた。夕食を終え、例年なら「つまらない」と言いつつ「紅白」を観るところだが、今年はあきらめてベッドに直行した。その頃には腹痛も襲ってきて、次の日の元旦は丸一日ベッドで過ごし、このブログを書いているのは2日の朝だ。

ベッドで寝ながら観た天皇杯決勝は、鹿島の勝負強さがでた試合だった。グランパスもこの勝負強さを身につけなければいけないと思うが、結局この「勝負強さ」というのは過去の実績から来る自信のようなもので、何といっても今一番Jリーグのチームで実績があるのは鹿島である。この優勝により鹿島がACLに出場できるのは日本にとってもいいことで、私の夢はACLの決勝で鹿島とグランパスが戦うことである。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。