だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

アジアの不協調

韓国はこんなことを言っているようですよ

http://news.livedoor.com/topics/detail/5183462/

2010.12.04  Sugar Pie Guy  編集

こんな隣国を持ってしまった我が身の不運を嘆くしかありません。
2002年の時、当時のFIFA会長を獲り込んで(笑)ほぼ日本の単独開催が決まりかけていたのに、無理矢理割りこんできて共同開催にしてしまったのがこの国です。一体どの口でそれを言う?

2010.12.04  Thinking Man  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2018・2022年のW杯開催国決定!

2010.12.03

category : スポーツ

W杯開催国が、2018年はロシア、2022年はカタールに決定した。

旗 世界の国旗 カタール 70×105旗 世界の国旗 カタール 70×105
()
厨房卸問屋 名調

商品詳細を見る
W杯にしてもオリンピックにしても開催国は初めての国が最優先されるべきだと思っている。だから結果的には今回の決定も極めて順当なものだと思う。そもそも日本は立候補すべきではなかった。「この前やったばっかりじゃん」と思われるのは目に見えている。ところがFIFAは決してそんなことは言わない。「アピールできる点があるならどんどん立候補してください」とそそのかす。だからその気になって韓国もアメリカも立候補する。「FIFA視察団による現地調査報告書」というものがある。2022年の開催国カタールはその評価が極端に低かったらしいが、結果には全く関係なかった。これなどはつまり「初めての国でなくても視察団の評価が高ければ選ばれるかもしれませんよ」といって日本など2度目の開催となる国々に簡単に諦めさせないためにやっているようなものだ。カタールなど初開催の国々に対しても「W杯を開催するというのは大変なことなのですよ」と思わせるための演出である。私がFIFA会長なら、まず初めての国を最優先するということを前面に打ち出す。これだけで日本は立候補を諦め無駄な金をつぎ込まなくて済んだはず。だがいつまでたっても日本はこういうことが分からないようだ。

ところでロシアとカタールと聞いただけで嫌な感じがするのは私だけだろうか?FIFAの理事が賄賂問題で処分されたばかりだが、これが氷山の一角であるのは明らかだし、今回だけフェアな投票が行われたとは思えない。そして決まったのが最近成り上がったこの2国だ。でもカタールで6月開催というのはいくらなんでも暑いのではないだろうか?
スポンサーサイト

コメント

アジアの不協調

韓国はこんなことを言っているようですよ

http://news.livedoor.com/topics/detail/5183462/

2010.12.04  Sugar Pie Guy  編集

こんな隣国を持ってしまった我が身の不運を嘆くしかありません。
2002年の時、当時のFIFA会長を獲り込んで(笑)ほぼ日本の単独開催が決まりかけていたのに、無理矢理割りこんできて共同開催にしてしまったのがこの国です。一体どの口でそれを言う?

2010.12.04  Thinking Man  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。