だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アジア大会決勝トーナメント展望

2010.11.15

category : U-23日本代表

準決勝はイラン、決勝の相手は北朝鮮か?

奇蹟のイレブン 1966年W杯 北朝鮮VSイタリア戦の真実 [DVD]奇蹟のイレブン 1966年W杯 北朝鮮VSイタリア戦の真実 [DVD]
(2006/02/24)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る
アジア大会男子サッカーの決勝トーナメントがもうすぐ始まる。組み合わせを見てみると、まず初戦のインドは問題なし、準々決勝はタイかトルクメニスタンだがここも問題なし、準決勝の相手イランの実力が読めない。ただ、日本と同じく予選リーグを3戦全勝で突破しているのでかなり手強いといえる。そして決勝の相手は北朝鮮だろう。

先月のアジアユースではU‐19が韓国に、U‐16が北朝鮮にそれぞれ敗れている。朝鮮の壁だ。認めたくはないが、W杯でもアジアで最初に目立った活躍をしたのは北朝鮮だ。1966年のイングランド大会でイタリアを破ったのは世界でも衝撃だっただろう。2002年の日韓大会でも韓国がイタリアを破っているが、こちらは度重なる不可解な判定の結果であり、比べるべくもない。加えて彼らには相手が日本だと「反日アドレナリン」なるものが分泌され、他の国とやる時の2割増しくらいのパワーが出ているように思える。非常に手強い相手であるが、後輩達の無念を晴らし、3度目の正直を実現してもらいたいものだ。

最後に私が密かに注目しているのが今夜の中国対韓国戦だ。面子を重んじる中国のこと、決勝トーナメント1回戦での敗退は是が非でも回避したいところ。国家としてやれることは全てやるだろう。この試合での審判の判定の偏り具合には注目である。何とか映像を見たいところだが・・・今のところ目処は立っていない。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。