だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

磐田5-3広島

2010.11.03

category : Jリーグ

ナビスコカップ決勝

ナビスコカップ
名古屋戦以外のJリーグの試合を真剣に見たのは久しぶりだ。休日の昼下がり、他に面白そうなテレビもないので何となく見ていた。先制された広島が同点に追いつき、更に逆転したあたりからこちらもだんだん集中してきた。Jリーグが始まって以来広島はこれまでタイトルを手にしたことが無いという。そういえば名古屋が天皇杯で優勝した時の決勝の相手は2回ともこのチームだった。そんなことを思い出したせいか少し広島びいき気味で見ていたら終了間際に同点に追いつかれて延長戦に突入してしまった。贔屓目でなく広島の方が面白いサッカーをしていたと思う。ゲームメーカーの森崎和幸が十分に機能していて、攻撃がシンプルでわかりやすい。一方の磐田はフィニッシュが拙くて見ていて腹が立った。ところが延長に入ると磐田が3得点で再逆転。代表にも選ばれ、キャラも面白いことから最近テレビでよく見るようになった広島の「槙野智章」がPKを外したところで試合終了。2点差があり試合結果には影響しなかったがあのPKは決めなきゃいけない。GKに一旦ブロックされたのは仕方ないが、こぼれ球が再び自分のところに転がってきたのに慌ててまた外してしまったのはいただけない。あそこでの冷静さが日本代表にも求められているのに。

昔の日本サッカーリーグ(JSL)は、ヨーロッパと同じく秋に始まり春に終わるシーズンだった。Jリーグが始まる時、春から秋のシーズンに変更したため、その移行期間約1年間リーグ戦が見られないことになった。その間の穴埋めに行われたのがこの「ヤマザキナビスコカップ」だった。表題の画像はその記念すべき第1回の初戦のチケット。今思えば私もこの頃が一番燃えていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。