だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

再び「クライマックスシリーズなんていらない」

2010.10.22

category : スポーツ

私はクライマックスシリーズが嫌いだ!

セ・リーグ制覇 優勝ドラゴンズ2010 逆転Vへのキセキ [DVD]セ・リーグ制覇 優勝ドラゴンズ2010 逆転Vへのキセキ [DVD]
(2010/10/29)
中日ドラゴンズ

商品詳細を見る
いったいいつまでこんな馬鹿らしい制度を続けるのだろう?もしこの制度がこのまま定着してしまうようなら、日本のプロ野球も終わりだ。

クライマックスシリーズに関する私の持論は、去年の今頃このブログに書いたのでここには書かない。
2009/10/18(日)の記事
2009/10/23(金)の記事
が、一応ドラゴンズファンの私としては将来のプロ野球がどうなってしまうのか本当に心配である。

明るい未来のプロ野球のために為すことは2つ。読売巨人軍からの大政奉還とアマチュアリズムの駆逐である。私が提案する1リーグ制導入には、読売将軍家と、いまだに巨人戦をゴールデンカードと考えている他のセリーグチームの譜代大名達に対しパリーグの薩長同盟が大政奉還を迫らなければならないが、さらに一気に日本野球協会を設立する。これは、プロ野球を頂点に、社会人、大学、高校と降りていくピラミッド型のイメージで、そこには当然プロとアマの垣根は無い。こうなると邪魔になるのが高野連などのアマチュア組織だ。現在でも「何様のつもりだ?」と思わせるような振る舞いが目立つ高野連を駆逐するのは大変だろうが、これなくして健全な野球界は築けない。

プロ球団設立の条件緩和も必要だ。現在は12球団というパイが決まっているようだが、Jリーグのように18チームくらいあってもいいし、2部リーグも作って入れ替え戦をやってもいい。球団数が増えれば地方チームも増えるし、同じ地区にもう1チームできればサッカーで言う「ダービーマッチ」も実現する。下位チームも残留が懸かって消化試合がなくなる。何より18チームの頂点となる優勝は本当に価値のあるものとなる。2部リーグに降格した時のショックと再度昇格出来た時の感激は、選手にとっても、ファンにとっても強烈なものになるだろう。各球団がユースチームを作るのもいい。甲子園でユースの大会を開けば高野連なんか要らない。

とまあこんなことが実現するのはいつのことやら分からないが、野球が面白くなることは絶対に間違いない。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。