だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本0-0韓国

2010.10.12

category : 日本代表

勝ちに等しい引き分け

少女時代到来 ~来日記念盤~ New Beginning of Girls' Generation [DVD]少女時代到来 ~来日記念盤~ New Beginning of Girls' Generation [DVD]
(2010/08/11)
少女時代

商品詳細を見る
これまでサッカーではさんざん痛い目にあわされてきた韓国に対して、私はあらゆる分野で素直になれないでいる。どんなに安くて高性能でも「HYUNDAI」の車も、「SAMSUNG」の電化製品も買おうとは思わない。韓流ドラマも「冬ソナ」すら見ていない。ブームの頃の「えっ、見てないの?」と言わんばかりの周りの反応にますます意固地になっていた。それでも一度「白い巨塔」の韓国版というのを1話だけ見たことがある。このドラマはドロドロした人間関係とその心理描写が非常に面白い。これを韓国人が作るとどうなるのかというところに興味があったのだが、その辺もほぼ忠実に日本版をコピーしていて、逆に全くつまらなかった。

そんな私も最近の韓国の美少女グループ「少女時代」とか「KARA」がテレビに出ているとつい目が行ってしまい、「日本のアイドルよりいいなあ」などと思ってしまうから節操がないというかポリシーがないというか・・

さて今日の試合は韓国のホームゲーム。予想通りの日本チームに対する大ブーイングと不利な判定にもめげず、引き分けに持ち込んだのは価値があると思う。試合終了直後のスタジアムの静けさがそれを物語っていた。内容も日本の攻撃は見ていて楽しく、守りもしっかりしていて危ないシーンは殆どなかった。いつも自信過剰の韓国も今日は「負けなくてよかった」と内心思っているに違いない。それにしてもやはり審判が酷かった。ウズベキスタンだからアジアに属する国の人間だが、やはり先日のアルゼンチン戦のポーランド人審判と比べるとレベルが落ちる。駒野が重傷となったシーンはスローで見ると明らかな韓国選手による遅れて入った危険なタックルだが、何故かお咎めなし。一体何処にいたら見落とせるんだというくらい明らかなハンドを見逃して日本にPKを与えず、韓国を救った。これはまあいつものことだが、もう一つ相変わらずなのがこういうシーンに遭遇してしまった時のアナウンサーと解説者。「あの審判、いったいどこに目を付けているんですかねぇ」とか「いくら日本には負けられないからって、格闘技じゃないんだから」ぐらいのことたまには言えばいい。「いやー両国ともに素晴らしい戦いでした」じゃなくて「今日の日本は素晴らしかった」でいいじゃないか。日本の放送局なんだから。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。