だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本2-1UAE

2010.10.04

category : 日本代表

AFC U-19選手権中国2010が開幕。予選グループC組の日本は白星スタート。

キャプテン翼<ワールドユース編> 5 (集英社文庫―コミック版)キャプテン翼<ワールドユース編> 5 (集英社文庫―コミック版)
(2004/11/18)
高橋 陽一

商品詳細を見る
この大会は、来年コロンビアで行われるU-20世界大会のアジア予選を兼ねていて、準決勝に残った4チームがその切符を手にすることになる。日本にとって最大の懸念材料は、開催国が中国であることだ。早速練習中には中国人の見物客からペットボトルを投げつけられ、試合会場では掲げられていた日本国旗が引き剥がされた。試合中は対戦相手であるUAEへの応援一色で、これら一連の中国人の行動を地元のマスコミは当然のこととして報道しているらしい。ここまでくると本当に腹をたてるのもばかばかしい。「辟易する」とはこのことだ。

そもそも今回の予選のグループ分けも非常に怪しい。中国のいるAグループは、現在アジアで4強とされる国、日本、韓国、オーストラリア、イランとは準決勝まで当たらない。つまりこの4強に負けても世界大会に行けるということだ。私の予想では、日本は準決勝で中国と当たる。この試合での審判のジャッジを今から心配している。中国の悪質なタックル、オフサイドは見逃され、日本のゴールは認められず、訳の分からないPKをとられるなんてことも十分考えられる。

20年前、この地で開催されたアジア大会(オリンピックのアジア版)の時の中国人の反応は全く今と異なっていた。当時はサッカー日本代表の試合と言えどもNHKが後半だけ放送するというような有様だったが、準々決勝のイラン戦、中国の観客は明らかに日本びいきだった。ブラジルから帰ってきたばかりの三浦カズのプレーに喜び、ラモスが何故日本代表なのかと興味深々だった。試合は0対1で敗れ、カズは悔し涙を流していた。テレビ解説の松本育夫さんは、だらしない代表を遠慮なく叱っていた。

今回も一般のテレビや新聞では、開催されていることすら取り上げていないように思えるが、この大会の模様はCSが試聴可能な方なら「テレ朝チャンネル」で見られるのでどうぞ。私の予想通り中国と対戦することになれば俄然注目度はアップするはず。完全アウェーの中でコテンパンにやっつけて、ぜひ世界大会に行って欲しいものだ
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。