だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

屈指の名曲

ビリーの"I'll be seeing you"こそ、レディ・ヴォーカルの至宝と言っていい。
決して、がならない。むしろ可愛らしい発声。
それでいて(それだからこそ)情感を、見かけの表現以上に伝える。
ダイナ・ワシントンとビリー・ホリデイの二人はジャズ・ヴォーカルという、釈然としないジャンル(そんなものが本当に存在するのか?)に留めておくには大きすぎる存在。

2010.09.17  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アイル・ビー・シーイング・ユー(I'LL BE SEEING YOU)

2010.09.16

category : 島耕作のジャズ

第48話

奇妙な果実奇妙な果実
(2003/04/23)
ビリー・ホリデイ

商品詳細を見る

「島耕作シリーズ」で2回目の登場となるビリーホリディ。前回彼女の声について「しわがれ声」と書いてSugar Pie Guyさんからお叱りを受けたが、今回のこの曲はおすすめのコモドア録音。この曲を聴くと確かに「しわがれ声」は言い過ぎだったかもしれない。

この曲は太平洋戦争中に吹き込まれたために、戦地に赴く恋人と過ごした最後の数日間について歌われていると解釈されている。油井正一氏はこの曲を、聴く度に思わず落涙してしまう曲として紹介しているそうだが、私もこのシチュエーションを思いながら彼女の歌声を聴いていると、落涙とまでは言わないが、軽く鳥肌が立ってくる。

このアルバムのタイトル曲「奇妙な果実」は、リンチを受けて木の枝に吊るされた黒人を表現したものである。同じ黒人である彼女が感情を抑えて淡々と歌うことで、却って聴く者の感情を揺り動かす訳だが、最近のスポーツ実況ではこれと全く逆の事が起きていて、やたら絶叫するアナウンサーの声を聞くと、急速に興ざめしてしまうことがよくある。どこの局でも絶叫して盛り上げるのがアナウンサーのマニュアルなのかもしれないが、一人ぐらいあえて感情を抑えて実況するアナウンサーが現れてもいいと思うのだが・・・昔、大手レコード会社のコロンビアは、「奇妙な果実」の録音を白人社会の反響を恐れて断ったが、結局マイナーレーベルのコモドアが引き受けて日の目を見た。どんな商売でも、新しいことを始めるのは、失うものが何もなく、怖いもの知らずの存在だ。

スポンサーサイト

コメント

屈指の名曲

ビリーの"I'll be seeing you"こそ、レディ・ヴォーカルの至宝と言っていい。
決して、がならない。むしろ可愛らしい発声。
それでいて(それだからこそ)情感を、見かけの表現以上に伝える。
ダイナ・ワシントンとビリー・ホリデイの二人はジャズ・ヴォーカルという、釈然としないジャンル(そんなものが本当に存在するのか?)に留めておくには大きすぎる存在。

2010.09.17  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。