だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「ブラック・ベルべット」

2010.07.31

category :

Glass11

ブラックヴェルヴェット
材料   スタウト 150ml
    シャンパン 150ml
作り方  大ぶりのタンブラーにシャンパンとビールを同時に注ぐ。軽くステアして、泡立ちを整える。


長らく東京勤務だった友人が単身赴任ながらこちらに戻ってきた。本来なら今日は引っ越しやら何やらでお疲れのところ、Dr.Smithに呼び出した。私の方が少し先に店に入ると、女性4人のグループとすっかり顔なじみの常連さん3人。結構なことである。「いやいや大変ですよ」とマスターは謙遜するが、平日(月~木)でも団体客が入って忙しい日があるという。ほどなくその友人もやってきて近況などを語り合った。実は今年4月のこの店のオープンの時にも彼は東京から駆けつけていて、顔を合わせてはいるのだが、その時は私が「俄かDJ」として駆り出され、ろくに会話ができなかったのである。当面のこちらでの住まいは「蒲郡」だというので、グルメの彼には美味しい三河湾の魚を食べさせてくれる店を開拓してもらおうと思う。

さて今日のカクテルは店にとってはあまり有難くないオーダーだろう。シャンパンと黒ビールという本当なら一度栓を抜いたら早く使い切ってしまいたいものを少しづつ使わなければならない。勿論マスターは笑顔で応じてくれたが、「シャンパンが甘すぎる」と出来栄えを心配していた。そう言われると、美味しいのだが確かにもう少し甘さ控えめの方が良いような気がする。この企画がなければまずオーダーしない一品だが、いつか辛めのシャンパンで再オーダーしよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。