だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

豊田市子ども会フットサル大会足助地区予選

2010.07.17

category : スポーツ

次男坊が出場した「豊田市子ども会フットサル大会足助地区予選」は惜しくも三位に終わり、豊田スタジアムで行われる本大会への進出はならなかった。

フットサル大会

そもそも次男坊が今のサッカークラブ(ペレニアルSC)に入ったきっかけは、3年前のこの大会で優勝し(低学年の部)豊田スタジアムの芝生の上でプレーしたことだった・・と書くといかにも格好いいが、実際にはそのときの息子のプレーを見て「来年も優勝を狙うなら、今のままではウチの子がみんなの足を引っ張ってしまう」という危機感を私が持ったからだ。そして半ば強制的にサッカーを習わせた(一応本人もやりたいと言ったのは事実だが)と言うのが真相である。その甲斐あってか次の年も見事優勝、だがその次の年つまり昨年は惜しくも準優勝に終わり「今年こそ」と臨んだ大会だった。

予選リーグは、最も強敵と思われたチームとまず引き分け、次の試合での得失点差勝負となった。ここで我がチームは9対0の大差でで勝利、初戦で引き分けた相手チームは2試合目10点差以上の勝利が必要だったが3点差勝利に終わり、順調に決勝トーナメント進出を決めた。

準決勝は事実上の決勝戦となった。終始押し気味に試合を進めていたのだが、次男坊と同じサッカークラブに所属していて最も警戒していた選手のフリーキック1発に沈んだ。ゴール左隅上部の小学生のGKではどうしようもないコースだった。普段同じチームでやっている仲間が、自分の通う小学校のチームに戻って対戦するという、なんだかまるでW杯のような光景だった。

三位決定戦は、ここまであまり出してあげられなかった控え選手にもたっぷり時間を与え、それでも余裕で勝利。そして決勝戦も、我がチームに辛勝したチームが今度は余裕の勝利で優勝を勝ち取った。

それにしても残念だ。正直に言って、今年のチームが一番優勝にふさわしいチームだと思っていたのに・・・選手達は本当によく頑張ってくれた。全ての責任は監督であるこの私にある(岡ちゃんの心境)

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。