だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ウルグアイ1-1ガーナ(4PK2)

2010.07.03

category : スポーツ

ハンドとPK

トヨタカップ 第9回 PSVアイントホーフェン vs ナシオナル・モンテビデオ [DVD]トヨタカップ 第9回 PSVアイントホーフェン vs ナシオナル・モンテビデオ [DVD]
(2002/11/22)
ロマーリオオストラサ

商品詳細を見る
ガーナをベスト4に導くはずだったシュートは、ウルグアイ選手の手によってはじき出された。ハンドというファールも状況に応じてお咎めなしだったり、黄色や赤のカードが出たりする。ウルグアイ選手の犯したそれは状況から考えても重罪であり、当然レッドカードだ。だが、それでも無条件で1点を失う訳ではない。「座して死を待つよりはマシ」と考えるのは理解できる。おそらくルールブックにもこの場合は相手にPKが与えられると書いてあるだけだろう。だが日本では、「ボールを手で触ってはいけない」と教えられてきた。つまり、手で触らなければ失点してしまうとしても、それはいけないことである、と。だが南米の人達のメンタリティは、このウルグアイ選手の行為を当然のことと思う。そして私は、日本代表にはぜひ日本人のメンタリティのままでW杯に優勝してほしい。あの行為を「勝利への執念」と感じるのはそれがウルグアイだからであり、日本の選手がやったら「みっともない」のである。ついでに言うと、普段頑強な男たちがファール欲しさに(時には相手選手の退場欲しさに)ちょっと相手が触れただけで大袈裟にひっくり返るのは本当にみっともない。悪質なファールにはもっと違う形で抗議するべきである。

さてハンドを犯したウルグアイ選手の、まさに捨て身の戦法は見事成功した。PKを蹴ることになったギャン(ガーナ)のプレッシャーは、駒野とは比べ物にならないくらい重かったに違いない。初のベスト4というアフリカ大陸全土の期待を一身に受けてしまったのだから。外した直後に延長戦終了の笛が鳴り、PK戦に突入した。

PK戦には「持ち込まれた」側と「持ち込んだ」側がある。惜しいシュートを何本もはずしたままPK戦に突入すれば嫌なムードが、防戦一方だったのを何とかしのいだまま突入した側には夢と希望が芽生える。今更言っても信じてもらえないだろうが、私は「これはウルグアイだな」と思っていた。そしてとりあえず勝敗予想の1問目はクリアーした。さあ今から丁度2問目の「アルゼンチン対ドイツ」が始まる。アルゼンチンがんばれ!

表題のDVDはトヨタカップにおけるPK戦の名勝負。「ナシオナル・モンテビデオ」はウルグアイのクラブチームである。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。