だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本0-0パラグアイ (2PK4)

2010.06.30

category : 日本代表

PK戦3人目はなぜ「駒野」だったのか。

Box EmotionsBox Emotions
(2009/09/02)
Superfly

商品詳細を見る
日本初のベスト8なるか?と注目されたパラグアイ戦は、PK戦の末惜しくも敗れてしまった。相手がアルゼンチンやブラジルなど優勝候補と言われている国ではなかっただけに、絶好のチャンスを逃したという気持ちが強い。2002年の日韓大会の時も、決勝トーナメントの相手はトルコという比較的与しやすい国だったが、当時のトルシエ監督が予選突破の時点ですっかり満足してしまい「日本にとってはこれで十分だろう」とでも言いたげな態度が気になると思っていたら、やはり不可解な采配(私にはそう思えた)で負けてしまった。

地元開催以外で初の予選突破という結果はもちろん快挙であるが、これまでずっと監督批判をしてきた私としては素直に「感動をありがとう」という訳にはいかない。今回の4試合で途中出場した選手達は、岡田監督が方針転換する前のお気に入り選手ばかりだったが、その投入が効果的だと思えることはなかった。それどころか、松井が交代して居なくなったことでピンチが増えたように思う。玉田に至ってはこの試合誰もが思ったであろう「何でシュートしないの?」というシーンがあった。岡崎の得点は本人も言っていたようにほぼ本田の得点であり、結局岡ちゃんのお気に入りFWは大久保も含め実質1点も取れなかったことになる。

そしてPK戦であるが、3人目は駒野で良かったのか?彼はよく頑張ったし、外したことを非難するつもりはさらさらないが、特別ハートが強いとか定評があるならともかく、実績から言って闘莉王に先に蹴らせるべきではなかったか?本職なのに岡崎や玉田では何故ダメだったのか?そもそも誰がPKを蹴る順番を決めたのか?

話変わって、この期間中NHKのW杯特番でかかる曲、スーパーフライの「タマシイレボリューション」がカッコイイ。他の曲も聞いてみようと過去の2枚のアルバムをレンタルで借り聞いてみるとこれまたカッコイイ。70年代ロックの香りがする曲が多い。ストーンズ、ロッドスチュアート、ジェファーソンエアプレーンっぽい曲などの他、キャノンデジカメのCMソング、朝のめざましテレビのテーマ曲などなじみのある曲もある。ぜひ一度試聴をおすすめする。



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。