だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

クライマックスシリーズなんて要らない

2009.10.18

category : スポーツ

セリーグのクライマックスシリーズ(以下C・S)第1ステージ第2戦は中日が勝利し、決着は第3戦に持ち越された。
一応私は、子供の頃からの中日ファンである。だから今行われているヤクルトとのC・Sも勝てば嬉しいには違いないが、そもそもC・Sというシステムには大反対である。1年でも早く無くなってもらいたいと思っている。

C・Sは、ペナントレース終盤に優勝の可能性がなくなったチームの試合が、いわゆる「消化試合」となるのを少しでも防ぐ為に作られた、と言われている。なぜ消化試合がいけないかというと、客が入らないからである。

確かに今年のセリーグは、最後の最後まで3位が決まらず、その分消化試合は少なくなった。観客数もその分増加しただろう。だからテレビなどマスコミもC・Sの導入には肯定的に思える。しかし仮にヤクルトがC・Sを勝ち進み、日本一になってしまったらどうだろう。その時巨人ファンは本当に気持ちの整理がつくのだろうか。2年前中日がリーグ2位から日本一になった時は、中日と巨人の差はほとんどなかった。だが今年の巨人はぶっちぎりで優勝したチームだ。ヤクルトの勝率は今年5割に届かなかった。

C・Sの導入を決めたのは各球団のオーナー達だろうが、可能性の問題として今年のセリーグでヤクルトが日本シリーズに進出してしまうというような事態は、当然想定していたはずだ。リーグ優勝チームに1勝のアドバンテージを与えるというとってつけたようなルールは、そんなマズいことが起こらないようにとの願いを込めたものだが、なんとも短絡的なルールだ。

たとえC・Sが盛り上がっても、その分リーグ優勝の重みが軽くなるだけだ。ファンはいかに自分の応援するチームが今年1年を通して強かったかを実感したいのだ。日本一になる為には、チームがリーグ優勝していなければならないし、パリーグの相手もリーグ優勝していなければだめなのだ。

日本一強い野球チームはどこなのか、これを決めるプロセスがいい加減だと、そのチームを応援していることで得られる優越感が薄められてしまうのである。

テレビを見ていて腹が立ってきたらまた続きを書きたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。