だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

Wカップ効果

大いに発揮されています。

期待の金曜日の営業は壊滅的でした---(涙)

2010.06.13  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

W杯開幕

2010.06.11

category : 日本代表

いよいよW杯南アフリカ大会が開幕した。

ワールドカップ・メランコリー (KOSAIDO SOCCER SELECTION)ワールドカップ・メランコリー (KOSAIDO SOCCER SELECTION)
(2002/03)
サイモン クーパー

商品詳細を見る
日本代表の試合はまだ先だが、今夜は休日前でもあり、地上波で放映される2試合をがんばって見ることにする。日本と南アフリカの時差は7時間で向こうのゴールデンタイムはこちらの深夜、これはヨーロッパも同じで、それでも徹夜覚悟なら観戦は可能だ。だがこれがアメリカ大陸での開催となると、こちらは完全に夜が明け、平日なら一番のクライマックスが通勤途中というパターンは、過去に経験済み。今回はまだいい方だと考えるしかない。

今、開幕戦の地元南アフリカ対メキシコの試合が終了した。最初から押し気味のメキシコが得点できないでいる間に、カウンター1発で南アフリカが先制するも、こちらも追加点のチャンスを逃す間にメキシコが同点に追いつくというなかなか良い試合だった。過去の大会で開催国が予選突破できなかったことは1度も無い。日本でさえ達成した。意地悪な見方だが、南アフリカの選手にとって予選突破というノルマは相当なプレッシャーになっているに違いない。追いつかれた後、終了間際に勝ち越しのチャンスがあったが、不運にもシュートはポストに当たって跳ね返った。実に面白い。

今回は久しぶりに、外国チーム同士の試合もじっくり楽しめる気がする。最初にW杯の試合を見たのは86年のメキシコ大会。次の90年イタリア大会は入院していた病院のベッドの上で見た。ちょうどNHKの衛星放送が始まった頃で、この大会から全試合を放送するようになった。夜中病室の見回りに来た看護婦さんに呆れられながらも、ボリュームを下げて夢中で見たのが懐かしい。この頃は日本代表が1度も出場していなかったので、純粋に各国のスーパースターのプレーを楽しむことができた。98年のフランス大会に日本が初出場してからは、当然ながら日本代表中心の観戦となり、外国チームの観戦は疎かになった。今回は、日本代表への期待があまり持てない分、外国チームを観察する余裕があるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

Wカップ効果

大いに発揮されています。

期待の金曜日の営業は壊滅的でした---(涙)

2010.06.13  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。