だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

渚にて

核戦争で死滅する世界を描いたのが映画「渚にて」。

この映画では北半球が死滅し、やがて南下する放射能で人間が全滅するオーストラリアが舞台。

というわけで新婚旅行に行くお二人にこの映画のイメージを重ねておりました。

幸い人類は未だ絶滅しておらず慶賀の至りです。

なおヨーロッパ産のミネラルウォーターにはチェルノブイリの汚染ミネラルが含まれているという説がございます。
あわせてご自愛ください。

2010.05.02  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ピアノピアーノ

2010.04.29

category : グルメ

今日は結婚記念日。

ピアノピアーノ
思い起こせば新婚初夜は、名古屋観光ホテルで迎えた。翌朝ホテルの部屋で食事をしている私達を友人Mが訪ねてきた。部屋に入るなり彼は「あなた方は今幸せいっぱいでしょうけど、世間では大変なことが起こっていますよ」と言う。それは「チェルノブイリ原子力発電所事故」だった。この記事を書くにあたり改めて調べてみると、事故が起こったのは4月26日、当時のソ連政府が発表したのは二日後の28日、翌29日は結婚式当日でニュースどころではなく、結局30日の朝まで事件を知らなかったのだ。新婚旅行をどこにするかについては、妻との間で激論があった。妻はヨーロッパを主張し、私は「どこか海のきれいな南の島」という今で言えばかなり「アバウト」な主張。結局「オーストラリア」に落ち着いたのだが、今でも妻は「やっぱりヨーロッパに行きたかった」と言う。だがあの時もしヨーロッパに行っていたら放射能に汚染されていたかもしれない。実際、当時私は真剣に「日本にも放射能は押し寄せてくる」と心配していた。そして「新婚旅行をオーストラリアにしてラッキーだった」と思っていた。あれから24年である。

チェルノブイリ原発事故
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

さて「ピアノピアーノ」である。妻がネットで調べてここ決めた。実はこれが妻には気に入らない。夫である私が全てをセッティングするのが望ましいのだが、まあこれは今に始まったことではなく・・・などと書くとこれまた気に入らないのでこのへんにしておく。感想から言うと「なかなか良かった」である。値段もそうであるが、全ての料理の味付けに「ひと工夫」が施されているのである。普段妻を外食に連れていくと「料理の参考になる」と言うのだが今回は「このアンティパストはちょっと真似できない」と唸っている。以下に写真と共にメニューを紹介する。

前菜は盛り合わせ。
前菜


次はパスタ
パスタ

メインの「ブイヤベース」、最初から米が入っていてリゾット風
ブイヤベース

デザートと食後のコーヒー
デザート

ワインとノンアルコールカクテル「シャーリー・テンプル」。
シャーリーテンプル

このノンアルコールは美味しかった。今度Dr.Smithのマスターに作ってもらおう。彼こそが冒頭に登場した「友人M」である。


スポンサーサイト

コメント

渚にて

核戦争で死滅する世界を描いたのが映画「渚にて」。

この映画では北半球が死滅し、やがて南下する放射能で人間が全滅するオーストラリアが舞台。

というわけで新婚旅行に行くお二人にこの映画のイメージを重ねておりました。

幸い人類は未だ絶滅しておらず慶賀の至りです。

なおヨーロッパ産のミネラルウォーターにはチェルノブイリの汚染ミネラルが含まれているという説がございます。
あわせてご自愛ください。

2010.05.02  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。