だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

キャンディ・ステイトンの"Too Hurt To Cry"

「悲しすぎて泣けない」あるいは「泣くには辛すぎる」とでも訳しますか。

明るい曲調のなかに悲しみが潜んでいる、まさにシンガーの力量が発揮された名唱です。

2010.04.18  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

イン ナ センチメンタル ムード(In A Sentimental Mood)

2010.04.16

category : 島耕作のジャズ

第31話

A列車で行こうA列車で行こう
(2000/09/20)
デューク・エリントン

商品詳細を見る

この曲は不思議な曲だ。デューク・エリントンが自分の母親の死を悼んで作った曲だそうだが、知らずに聴けばそれほど悲しげでもないように聞こえるし、知ってから聴くとなんとも物悲しく聞こえる。だが、決して湿っぽくはなくて「乾いている」とでも言ったらいいだろうか。

最近テレビを見ていると、出演者が悲しいお話の時にすぐ泣くのが気になる。まるでここで泣いておかないと「冷酷な人間に思われる」とでも考えているのかのように。若者が恥ずかしいと言いながら「僕、泣いちゃいました」などと、言うほどには恥ずかしげもなく口にするのをよく聞くようになった。スポーツの実況で、アナウンサーが絶叫するほど、見ているこちらは冷めてしまうと以前書いたが、テレビの出演者がたいして悲しくもないことにメソメソ吊られ泣きしているのを見ると、やっぱり冷めてしまう。とかく日本ではすぐに湿っぽくなる。

昔の日本では民謡などのメジャー調の曲を「田舎節」、マイナー調を「都節」と呼ぶそうだが、歌詞はというと民謡には悲惨な内容が多く、都節には他愛もない内容が多いのだそうだ。(うさぎうさぎ、とうりゃんせなど)本当に大変な状況の人にとっては、メソメソしている暇もないということだろう。映画やテレビを見ていて泣けるなんて本当に贅沢なことだ。医学的にもストレス解消には一番いいと言う。




スポンサーサイト

コメント

キャンディ・ステイトンの"Too Hurt To Cry"

「悲しすぎて泣けない」あるいは「泣くには辛すぎる」とでも訳しますか。

明るい曲調のなかに悲しみが潜んでいる、まさにシンガーの力量が発揮された名唱です。

2010.04.18  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。