だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

DJの勉強

DJの勉強(テクニックではなく選曲)よろしくお願いいたします。
テーマを見つけ曲とレコードを覚える(ご協力します)。
youtubeであたれば大抵の曲はあるので、それで聴いてみるというのも手ですね。
たとえばImpressions、Curtis Mayfieldなどを検索してみる。

ところでアル・ジョルソンの「スワニー」の日本盤シングルを京都で見つけてきました。上司のNさんにお伝えください。

2010.03.23  Sugar Pie Guy  編集

確か貴殿のボスも音楽にはうるさい方でしたね…
是非次回は私も誘って頂きたいものです

私は音楽は全く無知で…

太田裕美の「木綿のハンカチーフ」あるかな~

2010.03.23  hhyt1552  編集

>hhyt1552さん
よっぽど誘おうかと思ったんですけどねぇ。次は必ず誘いますのでよろしく。

2010.03.23  Thinking Man  編集

木綿のハンカチーフ

> hhyt1552さん
もちろんあります。
筒美京平作曲ですから(筒美作品はかなり集めています)。
松本隆の歌詞は、日本の歌謡曲に物語性を持ち込んだ画期的なものです。
ただし内容は田舎蔑視ですけど(笑)
徹底的な都会人の松本"風街"隆には田舎がこう映ったでんでしょうねぇ。

2010.03.25  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「水割り」

2010.03.19

category :

Glass1

famous grauss水割り
「SOULBAR Dr.Smith」に行ってきた。店内の改装工事が始まる前から数えて4回目の訪問になるが、今回は正式な「客」として、しかもこのブログでもお馴染み?のボス(会社の上司)を誘っての訪問。

以前書いたように、ここに来たら漫画「バーテンダー」に登場するお酒(主にカクテル)を注文し、それを写真に収めることになっている。記念すべき最初の注文は「水割り」。漫画にチラッと登場するボトルのラベルから使っているウイスキーは「フェイマス グラウス(FAMOUS GROUSE)」と判るのでそれで注文。マスターのSugarさん「水割りが一番むずかしいんですよねー」などと言いながら緊張気味に作ってくれた。

連れのボスは、この店のことを最初に話した頃からずっと楽しみにしていて、私に「絶対連れて行けよ」と言われていた。お酒、映画、小説、そして音楽とあらゆる分野でマスターとの会話が弾んでいた。きっと常連さんになっていただけると思う。

私はというと、ボスの相手はマスターにお任せしDJに挑戦した。オーディオの操作は前回訪問時にだいたい教わっていたので、棚から適当にレコードを引っ張り出してかけるのだが、いざとなるとかけたい曲がぱっと思い浮かばないとうことがよく分かった。いわゆる「ベタ」な選曲しかできないということもよく分かった。でもやってみると案外気持ちのイイもんだな。
スポンサーサイト

コメント

DJの勉強

DJの勉強(テクニックではなく選曲)よろしくお願いいたします。
テーマを見つけ曲とレコードを覚える(ご協力します)。
youtubeであたれば大抵の曲はあるので、それで聴いてみるというのも手ですね。
たとえばImpressions、Curtis Mayfieldなどを検索してみる。

ところでアル・ジョルソンの「スワニー」の日本盤シングルを京都で見つけてきました。上司のNさんにお伝えください。

2010.03.23  Sugar Pie Guy  編集

確か貴殿のボスも音楽にはうるさい方でしたね…
是非次回は私も誘って頂きたいものです

私は音楽は全く無知で…

太田裕美の「木綿のハンカチーフ」あるかな~

2010.03.23  hhyt1552  編集

>hhyt1552さん
よっぽど誘おうかと思ったんですけどねぇ。次は必ず誘いますのでよろしく。

2010.03.23  Thinking Man  編集

木綿のハンカチーフ

> hhyt1552さん
もちろんあります。
筒美京平作曲ですから(筒美作品はかなり集めています)。
松本隆の歌詞は、日本の歌謡曲に物語性を持ち込んだ画期的なものです。
ただし内容は田舎蔑視ですけど(笑)
徹底的な都会人の松本"風街"隆には田舎がこう映ったでんでしょうねぇ。

2010.03.25  Sugar Pie Guy  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。