だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

名古屋2-3川崎F

2010.03.13

category : グランパス

久しぶりの生観戦

ダニウソン
一言で言うと「ゴールキーパーの差」だった。名古屋のGK楢崎は代表でもレギュラー、一方川崎のGK川島も代表に選ばれてはいるが控え選手。ところが今日の川島は大当たりで、ファインセーブを連発。一方の楢崎は開始早々FKから失点し、同点に追いついて「さあこれから」という矢先にまたも同じような位置からのFKで2失点目、その後も全く精彩を欠いていた。以前鹿島の代表DF内田について、「ミスが続くとそれを最後までずっとひきずってしまう」と書いたが、楢崎にもそういうところがある。

川崎フロンターレは、富士通の企業チームを母体にして結成されたチームで、Jリーグにはかなり遅れて上がってきたのだが、名古屋はその当時からこのチームと相性が悪い。今日は去年までの天敵「ジュニーニョ」と、代表選手「中村憲剛」が欠場なので「しめしめ」と思っていたが、他の外国人「レナチーニョ」「鄭 大世」と今年からJリーグに復帰した「稲本潤一」にやられた。川崎は、今年名古屋が出られない「ACL」の試合から中3日で疲れているはずなのに、そのチームに負けてしまうとは・・・

ただ、負け惜しみではなくやはり今年の名古屋は期待できると思った。特に後半、私イチ押しの新外国人「ダニルソン」、と「ブルザノビッチ」が入った後の迫力ある攻撃は見ていて楽しい。これで選手間のコンビネーションが合ってくれば、更に攻撃力はアップするだろう。早いうちにこのチームと対戦できた川崎は本当に運がいい。これも相性というものだ。それにしても後半はカタカナの選手が「田中マルクス闘莉王」を入れて5人、ここに今日は出場機会の無かった「三都主アレサンドロ」が入ると、Jリーグのチームじゃないみたいだ。強そうでいいけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。