だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

G大阪1-2名古屋

2010.03.06

category : グランパス

2010年のJリーグ開幕戦を、グランパスは勝利で飾った。

J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J パーフェクトガイドJ.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J パーフェクトガイド
(2010/01/23)
ファミ通書籍編集部

商品詳細を見る
今年のグランパスは楽しみだ。新加入の闘莉王、金崎、ダニルソンがどこまでやれるか、2年目のケネディ、ブルザノビッチが昨年以上にチームにフィットするのか、楢崎、小川、玉田、田中(隼)ら代表クラスの日本人が安定した力を発揮できるか。最も期待するのは金崎、ダニルソンの二人だ。金崎は早速積極的なプレーで2点目をアシストした。ダニルソンは途中出場であまり目立たなかったが、元コロンビア代表の肩書きを持っており、私としては第2戦で最も楽しみな選手だ。

気になるのはダメ押し点が奪えなかったこと。前掛かりになって守りが手薄になっていたG大阪をカウンターで仕留めるチャンスは何回もあったのだが、まるで3点目を取ってはいけないと思っているかのように、「ダサい」攻撃しか仕掛けられなかった。「リードしている時はあわてて速攻を仕掛ける必要は無い。それより少しでも時間を掛けて、間違ってもパスミスによりボールを奪われないようにする。」これは日本人選手にとって「ドーハの悲劇」以来の金科玉条だ。

ドーハの悲劇は、リードしていたロスタイムにボールをキープせず、積極的に攻撃する為のパス(相手に取られる確率が高くなる)を出し、案の定それをカットされてそれが最終的に同点ゴールに繋がってしまった。要するに「ひたすら相手にボールを取られないようにして時間の経過を待つ」というずる賢さが足りなかった。この時は、一部のマスコミや評論家からも相当責められた。特に現在はスポーツコメンテーターに転身している武田修宏氏が、あのちょっとバカっぽい(失礼)キャラのせいか、ヤリ玉に挙げられていたので、当時の選手達は相当懲りたはずだ。

ただし、だからといって攻撃しなくてもいい訳ではない。最近の代表やJリーグの試合を見ていると、「守備」や「ボールをキープすること」に意識が行き過ぎるあまり、みすみすビッグチャンスを逃しているように思えてならない。別の言い方をすると、ボールをキープしている間に、相手のスキを見て攻撃に転じるという緊張感が抜けてしまっているのではないか?今シュートすれば得点できるというタイミングでも「キープ優先」とばかりにパスすることばかり考えていてそれを逃しているのではないか?

それでもちゃんと守備ができてればいいのだが、結局今日の試合でもゴールポストに当たる危ないシュートを打たれている。たまたま運が良かっただけで、今まで何度ああいうシュートを決められて引き分けに持ち込まれたことか。攻撃は最大の防御である。追加点が決まっていれば、守備の負担もかなり減ったはずだ。

まあ、強豪ガンバ相手に開幕戦を勝利で飾れたことは素直に喜びたい。さて次節はこれも強豪の川崎フロンターレ戦。この試合に勝ったらいよいよ初優勝が見えてくる。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。