だれもがすなるぶろぐといふもの

音楽、スポーツ、グルメ、旅行などつれづれなるままに。

今日の日付入りカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Thinking Man

Author:Thinking Man
日本代表、グランパス、オーシャンズ、豊田高校サッカー部を応援します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本2-0バーレーン

2010.03.03

category : 日本代表

ぎりぎり最低限の結果





今日は次男坊と豊田スタジアムで日本代表対バーレーン代表の試合を観戦した。同行は私の次男とその息子。彼もサッカー少年だ。座席はファミリーパックという4人一組で4,000円の席。一人あたり1,000円という格安の値段で、これは次男坊が所属するサッカーチームのコーチに斡旋してもらった。値段が安いので見易さもそれなりかと思ったら、思いの外良い席だった。バックスタンド側の1番右端で、ピッチ全体を見渡すのはつらいが、1階の前から6,7列目という選手が近づいてきたら間近に見られる位置だった。

試合の方はというと、スタメンはほぼベストメンバー。私イチ押しの松井大輔、本田圭佑らが期待通りの働きをした。森本貴幸も後半から途中出場し存在感を示した。経過はまず前半に岡崎のヘディングシュートが決まり1対0、アシストは松井だ。後半終了間際には内田のセンタリングに森本が突っ込むもボールはその背後に抜け、そこに詰めていた本田が、ごっつぁんゴールに近いヘディングシュートを決めて2対0となりそのまま試合終了。

ベストメンバーに近い布陣でしかもホーム。2対0というのは合格点ギリギリだ。3対0でまずまず、4対0でも「順当勝ち」くらいの表現で十分。1対0なら再び「岡ちゃんやめろ!」コールの嵐が吹き荒れるところだ。

その岡ちゃんが頼りにしている(と思われる)中村俊輔はというと、「急激に衰えている」というのが私の感想。もうトップ下(FWの次に攻撃的なポジション)は無理ではないか?自分でも「ボランチでいい」と言っているようだし、とにかく存在感が無かったのが気になる。衰えたとは言っても海外での豊富な経験を持つ彼には、W杯でぜひもう一花咲かせて欲しいものだ。密かに期待する平山はベンチ入りもしなかった。あと2試合くらい我慢して使って欲しいのだが、岡ちゃんはもう使わないつもりだろうか?

試合終了後選手達は観客席に近づき挨拶をして回るのだが、2点目を挙げた本田は、1点目の岡崎と共に、再度観客席を回り、声援に手を挙げて応えていた。主役の交代(中村から本田へ)を暗示させるような光景だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©だれもがすなるぶろぐといふもの. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。